簿記

【簿記3級】仕訳が全くわからないのは、あの図の丸暗記が原因だった

 

よくよく考えると、資産の反対側は負債だから、、、

 

あれ?売上が負債になっちゃうんじゃ‥?

 

といった疑問も浮かんできて、ストレスMAX! こんな感じで本を破り捨てたい衝動にかられている方は必読です。

 

もしかして私だけ? 仕訳が全然わからない理由

結論から言うと、この図に合わせて仕訳を考えるからわからなくなるんです。

 

仕訳はこの図表を作る前の過程で行う帳簿上の作業なので、勘定別に考える必要があります。

 

というわけで、仕訳の時に見るべき図はこっち!

 

勘定ごとの増減を図にしたものです。 こっちを見ながらのほうがスッキリするはず。 ※簿記初心者が混乱しないように、資本勘定は省いています。

 

あとは、仕訳に使う勘定が資産なのか負債なのか、あるいは費用なのか収益なのか常に意識するだけ (^^)/

考えるポイント

その勘定は、資産・負債・費用・収益のどれですか?

 

全体の流れを知ると仕訳がスムーズに覚えられる

簿記の全体の流れはザックリ2つに分けることができます。

この2つの過程をしっかり理解するためにも、簿記の3つの基本を覚えましょう♪

  • 財務諸表を作る目的(集計の過程)
  • 仕訳のタイミング(仕訳の過程)
  • 帳簿のしくみ(仕訳の過程)

 

この3つのポイントについては別の記事で説明しています。

【簿記3級】仕訳よりも重要なのに無視しがちな3つの基本!

続きを見る

 

この記事の続き(仕訳の攻略編)はこちらです♪

【簿記3級】仕訳がわからない人向けに具体例で図解してみた

続きを見る

 

そもそも仕訳の左右(借方・貸方)がよくわからん!って方はこちらも合わせて読んでみて (^^)/

【簿記3級】「貸借」対照表なのに借方・貸方なんで逆なのか?を調べた結果

続きを見る

 

独学で挫折しまくった僕が合格できた理由

僕が簿記2級に合格できたのは、資格の学校(TAC)で基礎から学びなおしたからです。

 

しかも、ノー簿記で税理士試験にチャレンジするという無茶っぷり!

 

こんな僕(アホの極み)でも、なんと財務諸表論に科目合格できちゃいました。 その後簿記2級も無事ゲット (^^)/

 

TACで勉強してよかった点は、独学時のヘンな思い込みを捨てることができたこと(←ここ重要)

 

独学を続けるべき、簿記講座を受けるべき?

簿記3級なら独学での合格も可能です。 でも、長いこと独学でつまづいているなら話は別です。

 

時間の節約のためにも簿記講座の受講をオススメします。

 

もし「キャリアチェンジ」や「就職の武器」として簿記の取得を考えているならば、早く合格したほうが圧倒的に有利になりますので!

 

以上、おわり!

 

-簿記
-,