生活

【簿記3級】「貸借」対照表なのに借方・貸方なんで逆なのか?を調べた結果

 

簿記で最初につまずくのが、この「借方(貸方)は左と右どっち?」問題。

 

借方貸方で悩んでいる方は下の図で覚えてね!

 

で、気になるのは、「貸借」という言葉があるのに、簿記ではなぜ逆なのか?ということ。

 

諸説あるっぽいですが、有力説を紹介します。

 

借方・貸方が逆なのはなんで?

結論を簡単に言うと、「縦書き」だったものを時代に合わせて「横書き」にしたから左右逆問題が生まれたそうです。

 

この「縦書き」帳簿を考案したのは、福沢諭吉です。

 

詳しく見ていきましょう!

 

福沢諭吉の翻訳が原因‥‥?

日本の簿記は、 アメリカの学校で使われていた簿記の教科書を、福沢諭吉が翻訳したことで始まります。

 

しかし、その翻訳には文化的な問題点があったのです。

 

文化の違い

  • 西洋:横書きの文化
  • 日本:縦書きの文化

 

苦悩の末、福沢諭吉はdebitを借方creditを貸方と翻訳し、原書では横書きだった帳簿を縦書きにアレンジしました

 

縦書きの帳簿は借方・貸方が上下に並ぶ形式です。 一見不便そうに見えますが、当時の日本人に馴染みそうな形を選んだ結果だったんです。

 

諭吉がやらかしたのか?

 

福沢諭吉は簿記が日本人に浸透するように尽力したのであって、盛大なミスをしたわけではないようです。

 

その後の変化は未来に託したともいわれていますね。

 

時代の変化で帳簿が横書き形式になった

翻訳当時は明治時代、書物は縦書きが一般的でした。 しかし、時代の変化とともに横書きが定着してきたため、帳簿も横書きになったというわけです。 こうして現在の簿記の形になったのです。

 

ところで、簿記システムをつくった西洋では、どのように借方・貸方をとらえているのか気になりませんか?

 

実は西洋では、勘定を取引相手の視点でとらえているんです!

 

例えば、僕がAさんに1万円貸した場合、Aさんから見ると1万円「借りた」ことになります。 つまり、相手方にとっての借りか貸しか?なのです。 だから逆なんですね~。

  • 相手り=借方
  • 相手し=貸方

 

なるほど!とはなるけれど、「でも、やっぱりわからん」というのが僕の感想です(笑)

 

とりあえず、迷ったらコレ思い出してくださいね。

 

参考

福沢諭吉の翻訳本は『帳合之法』です。 この本は「国立国会図書館デジタルコレクション」というウェブサイト上で無料で読むことができます。

国立国会図書館デジタルコレクション『帳合之法.初編』

 

縦書き帳簿は、上のリンク先のページの画面左上にあるコマ番号「16/70」にあります。

 

おわり

-生活
-,